2011年04月25日

花咲くいろは 第4話「青鷺ラプソディー」

 今日から新学期。

 緒花は今日から民子(みんち)や菜子の通う学校へ。

 旅館の下働きを始めた次郎丸や、叔父の縁、徹に見送られ、民子や菜子と共に登校。

 途中、喜翆荘より歴史のあるという、いわば喜翆荘からすればライバル旅館「福屋」を通りかかったり、駅に咲く桜にふと孝一のことを思い出してみたり。

 汽車に揺られながら柄にもなく物思いに耽ります。


 そして学校。
 親切な菜子に職員室に案内してもらう。

 そんな菜子と一緒のクラスになれるよう必死に祈るのだが。

 願い届かず、代わりに一緒のクラスとなったのは民子と、そしてもう1人。

 喜翆荘のあるこの町では東京者は珍しいようで、早速クラスメイトから質問攻めにあう。

 その上男子からは民子と同じ旅館で働いているということで、民子のことを根掘り葉掘りと。
 男子曰く、民子はこの学校ではモテの2大巨頭の1人「民子姫」としてモテモテだそうで。

 そんな緒花を質問攻めから救ったのが、2大巨頭のもう1人、「結名姫」こと和倉結名。例のライバル(?)旅館、福屋の一人娘だった。


 でもって、昼休み。
 菜子とお弁当を食べていると、なんと民子が男子生徒に告白されているところに出くわす。

 だが熱烈な男子生徒の愛の告白も民子には届かず。

 それでもってその男子に訊かれて民子が答えた好きな男性というのが、「結構物言いがきつくて、でも本当は温かくて、誰よりも率先して動いて、仕事に一所懸命で、髪の長さが……、目が……」とえらい具体的。

 その好きな人ってもしかして……。
 菜子は勘づいたようですが、緒花の頭の上にはクエスチョンマークが浮かんでいた。


 さてはて緒花達は旅館に帰り仕事開始。

 巴の民子のモテ具合への嫉妬は置いといて、緒花は孝一へのメールの返事に悩む、悩む。

 雨の中、緒花と菜子はお遣い(回覧板)に。
 途中で出会したのがやたらでっかい鳥「青鷺(あおさぎ)」。

 この辺に住んでいてこの町に住んでいる人にはお馴染みの顔のようで、菜子はさほど驚く様子もない。

 お遣い先の「福屋」では無愛想な女将に出会います。

 なんだか恐い。


 雨が上がりその帰りちょっと寄り道。

 菜子が引っ込み思案を直すためお参りしているという神社(というか小さな祠)へ。

 そこで奉られているのは狐を従えた小さな女の子の神様。
 だからすぐに迷子になる。

 そんな神様を神無月(10月)、無事出雲大社へと送り出すための「ぼんぼり祭り」というのがこの町ではあるそうだ。
 この神社からぼんぼりの灯が神様の進むべき道を照らし、道なりに連なる光景は壮観に違いない。

 それはそうと民子の渾名である「みんち」の由来。

 民子と早く友達になろうと色々ニックネームを考えて完成したのは「みんちゃん」だったが、声を掛けようとした時タイミング悪く「みんち」になってしまった。
 でもそれが渾名として馴染むんだから凄い。

 そして菜子のニックネームも完成。命名者、緒花。

「なこち」

 菜子も大喜び。


 そのころ旅館では徹の新作料理に女将が舌鼓を打っているところだった。
 どうやら徹の実力も女将からかなり認められるようになっているようだ。

 相変わらず緒花には口の悪い徹ではあったが。

 それはそれとして緒花はどうしても民子とも友達になりたい。
 まずは渾名「みんち」と呼ぶところから。

 お風呂でたまたま民子と一緒になる。

 これはチャンスと機会を窺うが、流石は緒花。
 見事に民子の地雷を踏んでしまう。

 徹の悪口で意気投合しようとしたのが不味かった。

 その徹が民子の思い人と気付いた時には既に手遅れだった。


 その晩寝る時も、次の日起きた時も機嫌の悪い民子に、なんとか許して貰おうと散歩に出た民子を追い掛けるのだが。

 またしても最悪な人と一緒に最悪な光景を目にするのだった。

 そこは旅館「福屋」の前。
 バイクに乗った民子の思い人、徹が乗り付け、その後ろに結名を乗せて走り去っていった。

 さてこの(民子の)恋どうなっていくのやら。

 くわっ!



 緒花さん菜子とはだいぶん仲良くなれたみたいですね。

 しかしここにきて恋のいざこざとは。


 1つ予想。

 緒花のお祖母ちゃんが「福屋」の女将に、そちらさんの板前がうちの大事な一人娘にちょっかいだしてあーだこーだ、と責められる光景が幻視出来た。

 それでもって徹が喜翆荘をクビになりかける(自らけじめであーだこーだ)。

 が、結名のことは誤解だったことがわかり、(説得して)民子の恋と徹クビは無事繋がる。

 こんな感じになるんじゃなかろうかと予想。


 しかし足りんな。まだ足りない。

 もっとごちゃごちゃして欲しい。
 色恋も良いが、旅館の仕事のこととか、人間関係で、もっとゴタゴタしないかな。


 とにもかくにも次回。

 第5話『涙の板前慕情』に続く。

「涙の」っていうくらいだから、徹が泣くような展開になるのかな?


 人気ブログランキング

 にほんブログ村

 


posted by ぱとらしう at 22:15| Comment(0) | TrackBack(14) | アニメ感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

花咲くいろは 第4話「青鷺ラプソディー」
Excerpt: あの大きなトリさんは青鷺だったのですね。 ずっと気になってました(笑) 地元で慣れてないと、あのサイズはコワイよね(^^;  ▼ 花咲くいろは 第4話「青鷺ラプソディー」  前回で一区..
Weblog: SERA@らくblog
Tracked: 2011-04-25 22:59

花咲くいろは 4話
Excerpt: アスパラのベーコン巻きがエロすぎる件について。 というわけで、 「花咲くいろは」4話 制服少女の巻。 青春の象徴といえばやはり恋愛なわけでございまして、 人間関係における男女の仲..
Weblog: アニメ徒然草
Tracked: 2011-04-25 23:38

花咲くいろは 第4話「青鷺ラプソディー」
Excerpt: 花咲くいろは 1 [Blu-ray]前回でなこちと仲良くなったので、今度はみんちとの番なのですが、 ホビロンな緒花は果たして上手く行えるのでしょうか?
Weblog: 明善的な見方
Tracked: 2011-04-26 00:09

【花咲くいろは】4話 クラスメイトのレベル高けーなオイ
Excerpt: 花咲くいろは #04 青鷺ラプソディー 884 名前:風の谷の名無しさん@実況は実況板で[sage] 投稿日:2011/04/24(日) 22:25:32.59 ID:p1cJ..
Weblog: にわか屋
Tracked: 2011-04-26 00:10

花咲くいろは 第4話 感想「青鷺ラプソディー」
Excerpt: 花咲くいろはですが、松前緒花は民子や菜子と一緒に学校に行きます。桜咲き誇る無人駅で電車に乗り、通勤ラッシュも無縁な乗客3人だけですが、学校で緒花は東京というだけで大歓迎されます。一躍東京を代表すること..
Weblog: 一言居士!スペードのAの放埓手記
Tracked: 2011-04-26 00:13

花咲くいろは 第04話 「青鷺ラプソディー」
Excerpt: いよいよ舞台が学校に広がる「花咲くいろは」の第4話。 新学期からこちらの高校に通うことになった緒花。「ぶかぶかして小学生のコスプレみたい」と 徹に茶化されてせめてスカートだけでも巻き上げる。 ..
Weblog: ゆる本 blog
Tracked: 2011-04-26 00:50

花咲くいろは 第4話 「青鷺ラプソディー」
Excerpt: 今回より緒花は地元の学校に通うことになりましたが、今まで喜翆荘のみで物語が展開されていたことからも新たな展開がありそうですね 緒花も孝一のことで悩んでいるように、民子に関しても徹と結名が..
Weblog: のんたんのanime大好きブログ
Tracked: 2011-04-26 00:55

花咲くいろは 第4話「青鷺ラプソディー」 
Excerpt: 制服姿かわいー (≧▽≦) 新学期で学校生活の描写も入ってきて、話がさらにふくらみそう。 次郎丸ちゃんは真面目にお仕事してました〜 浴場の掃除はうまいには笑ったw 視聴者が知りたい情報をさ..
Weblog: のらりんすけっち
Tracked: 2011-04-26 06:12

花咲くいろは 第4話 青鷺ラプソディー【伊藤かな恵さんの仕事】
Excerpt: 第4話 青鷺ラプソディー 本文はメインブログ(しるばにあの日誌)にて↓ http://yasu92349.at.webry.info/201104/article_31.html 注..
Weblog: しるばにあの日誌(新館)
Tracked: 2011-04-26 10:31

花咲くいろは 第4話
Excerpt: 「青鷺ラプソディー」 と… 止まっちゃった!! ミンチなんてそんなぁ!! ひき肉的な ひき肉的な呼び名でぇぇぇ みんちというあだ名の由来が分かって納得しましたww でも、あの状況..
Weblog: 日影補完計画
Tracked: 2011-04-26 18:46

花咲くいろは 第4話「青鷺ラプソディー」
Excerpt: 温泉旅館『喜翠荘』で働く事になった売れない小説家・次郎丸太朗。 そして仲居見習いとして働く事になった松前緒花は、鶴来民子や押水菜子と共に同じ高校へ通う事になりました。 登校途中にある大きな旅館は...
Weblog: 無限回廊幻想記譚 別館
Tracked: 2011-04-26 20:37

花咲くいろは 04話『青鷺ラプソディー』
Excerpt: 次郎丸は掃除役として喜翆荘で活躍していた。
Weblog: 本隆侍照久の館
Tracked: 2011-04-26 20:56

花咲くいろは 04話『青鷺ラプソディー』 感想
Excerpt: 結名ちゃん登場(*^ω^*)
Weblog: てるてる天使
Tracked: 2011-04-26 21:09

花咲くいろは 第04話 『青鷺ラプソディー』
Excerpt: 高原にたたずむお嬢様。 なんか自分の知ってるみんちと違う。今回は緒花の転入話です。  女子からは東京から来たということで色々聞かれ、男子からはみんちと職場が一緒だと言う事で彼女に付いて聞かれ..
Weblog: こいさんの放送中アニメの感想
Tracked: 2011-04-27 00:21
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。